常陸太田の古い街並に溶け込む土蔵造りの建物。酒造蔵を継承して創業されたヨネビシ醤油は、1800年(寛政十二年)よりこの地で、昔ながらの製法にこだわった本物の醤油をつくり続けています。1867年にはパリ万博出品した精製醤油「ひな菊」が銅碑を受賞。「米菱」は創業時の屋号「米屋」にちなんだものです。ヨネビシのロゴマークは「米」をかたどると同時に『米寿』を願う心をあらわしております。


● 会社概要

商号 ヨネビシ醤油株式会社
所在地 〒313-0063 茨城県常陸太田市内堀町2365
資本金 11,000,000円
年間取扱高 5億円
事業内容 醤油・味噌醸造・酒類食品販売
従業員 13名
工場規模 土地2,010坪(6,633平方メートル)
建物1,050坪(3,465平方メートル)
主要設備 仕込蔵(大正蔵)884,4平方メートル
仕込桶(55石入)60本
連続火入機・冷却貯蔵タンク・その他

● 会社沿革

寛政12年(1800年) 高和家、当時の太田郷にて、ヨネビシ醤油株式会社の前身である醸造業を始める
慶応3年(1867年) 高和利兵衛パリ万博に醤油ひな菊を出品し、銅碑を受賞
明治18年 初代高和金三郎、酒造業を廃業。
酒蔵を改造し、醤油業を始める
大正8年 醸造設備を拡張、仕込蔵を完成
昭和24年4月 二代高和金三郎、ヨネビシ醤油株式会社設立
昭和35年7月 二度仕込み醤油試醸
昭和50年11月 田舎醤油発売
平成 丸大豆醤油発売